舌下免疫治療:スギ

スギ舌下免疫療法


 アレルギーの原因であるスギの抗原を舌下に投与し続けることにより、体を慣れさせて不快な花粉症の症状を抑えようとする治療です。
この治療は、投薬などの対症療法(症状を和らげ、苦痛を軽減するための治療)とは違い、病気の原因除去を目的とした原因療法で、花粉症完治の望みがある治療法です。
また、皮下注射法とは違い痛みがありませんし、重篤な副作用の報告も少なく死亡例の報告もありません。
 1~2割の方が著効し、7割強の方に効果があります。逆に言いますと2割強の方には効果がありません。効果があって治療を終了した場合も、その後の効果が減弱する可能性はあります。
 2年程やってみて効果があれば、計4~5年継続することをお勧めいたします。
 治療開始時期は花粉飛散期以外となります。(5月~12月末の間で治療開始)


副作用について
 口腔掻痒感や口唇、頬粘膜、舌の腫れといった口腔内の局所反応がほとんどであり、喘息、蕁麻疹 消化器症状(下痢、吐き気)などの全身症状も稀ではありますが報告されています。
副作用が出やすい時期は、
 ① 毎回の投与後の30分以内
 ② 服用開始初期(1ヶ月)
 ③ スギ花粉飛散期(2~4月)とされています
副作用発現を避けるために、
 ① 投与後、少なくとも2時間は激しい運動や入浴などを避ける
 ② 投与直後の飲食、特に飲酒は避けるようにしてください


適応と禁忌(できる人とできない人)
適 応
 ① シダトレン(液体):12歳以上の方(当院では18歳未満の方の場合、治療初回は保護者同伴が必要です)
   シダキュア(錠剤):5歳以上の方(当院では18歳未満の方の場合、治療初回は保護者同伴が必要です)
 ② スギ花粉症の方(事前にアレルゲン検査が必要です。他院結果も可。当院では1年以内の検査結果を参考にさせていただきます)

禁 忌
 ① β阻害剤(高血圧薬など)を内服している方
 ② 治療開始時に妊娠している方(投与中に妊娠が生じた場合は、問題ないとされている)
 ③ 不安定な重症喘息がある方、また1年以内に喘息発作がある方は当院では治療開始できません。
 ④ 全身的に重篤な疾患(悪性腫瘍、自己免疫疾患、免疫不全、重症心疾患、慢性感染症)
 ⑤ 全身ステロイド薬や抗がん剤を服用中の方
 ⑥ 発熱を伴う感冒など急性感染症にかかっている方


投与方法
 初回の投与は、当院内で行います。副作用の発現を確認するため、30分は院内にいて頂く必要があります。(診察終了の1時間前で受付終了とさせていただきます)
2回目以降は、ご自身で行っていただきます。
 シダトレン:1日1回、アレルゲンエキスを2分間舌下に保持した後、飲み込む。
       その後、5分間はうがいと飲食は控えてください。
 シダキュア:1日1回、お薬を舌の下に置き、1分間保持したあと、飲み込みます
       (舌の下に置くとすぐ唾液で溶けてなくなりますが、唾液はすぐに飲み込まず、
        1分間舌の下に保持してください)
        その後、5分間はうがいと飲食は控えてください。

 以下の場合は、投与を控えるようにしてください。
 ① 喘息発作時、気管支喘息の症状が激しい時
 ② 口腔内の掻痒などの症状が酷い時
 ③ 抜歯後などの口腔内の術後または口腔内に傷や炎症等がある時
 ④ 感冒時や体調が悪い時
 ⑤ 舌下投与を長期に中断し、再開する時


その他の注意点
 ・ 治療中に異常が認められた場合は、直ちに受診してください。
 ・ 誤って過量を服用した場合は直ちに吐き出してうがいをし、翌日以降は正確な用量を服用してください。
 ・ 誤って舌下に保持せず飲み込んでしまった場合には、同日は再度の服用は行わず、翌日以降に改めて正しい用法用量で服用してください。
 ・ 服用を忘れた時は、同日中に気付いた場合にはその日の分を服用し、また前日分の服用を忘れた場合には翌日に1日分のみを服用してください。つまり、1日1回分のみの服用となります。
  例:増量期2日目の服用忘れを3日目に気付いた場合、3目であるが2日目の用量を服用する。翌日からは3日目の用量に戻してください。


※スギ舌下治療御希望の方へ
 御予約は必要ありませんが、お時間だけ御注意お願い致します。
 初回の説明で20分程度+薬剤投与後の30分間、
 合わせて約1時間は院内にいていただく必要がありますので、御都合の良いときにご来院お願い致します。
 また、この舌下治療の初回受付は通常の受付終了時間の2時間前で終了させて頂きます。
 遅く来院されますと治療をお断りさせて頂く事もありますので御了承お願い致します。