Bスポット(クロールチンク)療法・上咽頭擦過療法・EAT

上咽頭(鼻の奥にある、のどの一番上の部分)に塩化亜鉛を塗布する治療は、
俗にBスポット療法と言われ、東京医科歯科大学の故堀口申作先生が提唱された治療法です。
万病に効くと宣伝されたため、科学的な評価を受けることはできませんでした。
しかしながら、この薬の処置により、のどの痛み、違和感がおさまる患者さんが多数いるためこの治療を行っています。




画像をクリックすると本の発行サイトへと繋がります。