アレルギー検査:鼻汁検査(鼻汁好酸球)

吸引した鼻水から、アレルギーのあり、なしがわかります。

 好酸球は本来、寄生虫による感染症で活躍する白血球ですが、肥満細胞や好塩基球のヒスタミン遊離を抑制する作用をもち、アレルギー疾患で血中に増加することが知られています。
 アレルギー性鼻炎では、血中よりむしろ鼻粘膜での増多が著明です。また、細菌やウイルス感染では鼻汁中に増加することは稀で、主に好中球が増加します。
 本検査は、顕微鏡を用いて鼻汁中の好酸球の出現の有無や程度をみます。全視野で1個でもあれば陽性、割合によって(1+)~(3+)で表します。
 アレルギーの約90%は陽性となります。逆に、非アレルギーでの陽性は1~2%と少ないことから、アレルギー性か否かの良いパラメーターとして検査されています。